So-net無料ブログ作成
検索選択

HDL-XR6.0のHDD換装とRAID容量変更② [ジャンク(パソコン関連)]

[編集中]

LANDISK HDL-XRシリーズのRAID容量を変更する話
容量アップするだけなら、ほかのサイトでやり方の紹介は多いのでそれを参考にすればいいが、その逆があまりなかったため、試してみた。

※参考になる情報を引用
----引用ここから--
732 : 不明なデバイスさん[sage] 投稿日:2011/08/25(木) 13:05:34.34 ID:QF/+YjXz [2/2回]
>>731
ありがとうございます。
今本体に入ってる500GBを2TBにそっくりコピーして、パーティションを残したまま
拡張領域を拡張後に本体に入れる。そして残りの2TB3台を追加しRAID再構築。
この流れでいいのでしょうか?
733 : 不明なデバイスさん[sage] 投稿日:2011/08/25(木) 14:20:33.04 ID:E4S7uIxq [2/2回]
>>732
いくつかやり方はあるんだけど流れはその通り。
最初のHDDコピーは4台中1台を2TBに交換して再構築すればコピーしてくれる。
くれぐれ作業はRAID0で。
RAID5(RAID6)とかだと時間がもったいないから。
ただ失敗した人もいるみたいだからやってみないとわからないな。
734 : >>729[sage] 投稿日:2011/08/26(金) 08:58:06.60 ID:mo0c9LGm [1/1回]
>>733
おかげさまで、無事に2TB×4台へ換装できました。
現在RAID0での8TB確認後RAID5への再構築中です。
本当に有難うございました。
735 : 不明なデバイスさん[] 投稿日:2011/08/26(金) 11:20:04.20 ID:UJujW+T9 [1/1回]
保守
736 : >>729[sage] 投稿日:2011/08/26(金) 14:30:26.29 ID:uCEECHrP [1/2回]
誰かの役に立つかもしれないので、今回やった手順を書いておきます。

機種 HDL-XR1.0/2D(一番安価な500GB×2ドライブモデル)
 1.初期設定はRAID1だったのでそのままドライブ1を2TBに入れ替えてRAID1で再構築
  (この時点でドライブ1が2TB、ドライブ2が500GB、使える容量は500GB)
 2.RAID0でやったほうが換装までは早いと教わったのを思い出し、RAID0で再構築
 3.ドライブ1の2TBを抜く
 4.RAID崩壊警告音が鳴る中、抜いた2TBをwindows7機に繋ぐ
   (7機がノートしかなかったので、SATAUSB変換機で接続)
 5.ディスクの管理を開き2TBを見ると幾つかのパーティションに分かれているので、
   未使用を除いて一番サイズの大きい所を選び右クリック→サイズの拡大をする

737 : 不明なデバイスさん[sage] 投稿日:2011/08/26(金) 14:31:44.59 ID:uCEECHrP [2/2回]
 6.2TBをドライブ1へ戻す
  (RAID0の為、当然RAIDは崩壊したままで警告は止まらず)
 7.電源を切りドライブ2を2TBに差し替えて電源を入れる
  (電源入り後に再度警告が出る この時点でドライブ1,2ともに2TB)
 8.RAIDを再構築させる
  (RAID0で再構築後容量が4TBになってることを確認)
 9.ドライブ3,4の空ケースに2TBを装着して1台ずつ突っ込む
10.ドライブ1,2がRAID0に、ドライブ3,4が待機中となるのでRAID5で再構築

※何気に手間取ったのが、ドライブのケースを開けることです。ボルトを外したらケースをスライドさせてください。
----引用ここまで---
以下編集中

1. LANDISKの初期化とRAID 0設定

購入したLANDISKをマニュアル通りに起動し、設定ユーティリティーを使って、RAID 0に設定する。[詳細設定]->[ディスク設定]->[ボリューム設定]で設定できる。

2. ディスクコピー

LANDISKを停止する。一番上のカートリッジを取り出し、ネジを外して中のHDDを取り出す。その後、ディスクコピー機で、取り出したHDDを、新しいHDDにまるごとコピーする。今回は、日立グローバルストレージテクノロジーズの0S03191 [2TB SATA600 7200]を購入し、コピーした。ディスクコピー機としては、Centuryの「裸族のHDDクローンスタンド(CROS4U3CP)」を用いた。500GBのディスク内容をコピーするのに70分ほどかかった。

3. ディスクの残り領域を拡張

コピー済みの2TBハードディスクをWindows 7のPCに接続し、ディスク内の未使用領域を拡張する。ディスクのPCへの接続には、2TBディスクをカートリッジに納めて、所有しているIOデータ RHD-UXに挿入し接続した。(USBの外付けケースに入れても良いだろうし、PCに内蔵させても良いだろう。)ディスクがマウントされると、Windowsがフォーマットしますか、と聞いてくるので、キャンセルする。「コンピュータの管理」を起動し、 「ディスクの管理」を選択する。接続した2TBハードディスクが表示され、小さな複数のパーティションと、大きなパーティション(400GB程度)と、未使用領域(1.5TB程度)で構成されていることがわかる。この大きなパーティション(400GB)を選択し、拡張を選択、残りすべての領域を使って拡張領域を作成する。

PCからディスクを取り外す。

4. 残りのディスクを交換

LANDISKに残っている残り3台のカートリッジを取り出し、すべてネジを外して開け、交換用のHDDと入れ替える。交換用のHDDは袋から出したばかりのものをそのまま入れる。2でコピーし、3でディスク拡張したディスクを、LANDISKの一番下のスロットに挿入する。残りの3台はその上の3つのスロットに挿入する。

5. RAIDの再設定

LANDISKの電源をONにする。しばらくディスクの青ランプが点滅した後、すべて赤ランプに変わり、LANDISKのSTATUSランプも赤になる。警告音が鳴り続けるので、FUNCボタンを押して音を止める。設定画面にログインすると「RAID崩壊」という通知が表示されている。
[詳細設定]->[ディスク設定]->[ボリューム操作]を選択し、「RAID再設定」を選択、実行ボタンを押す。3~4分後、ディスクのランプが赤から青に変わり、RAIDの再設定が完了する。

[詳細設定]->[情報表示]->[ボリューム情報]を選択し、正常にディスクが拡張されていることを確認する。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。